園の特色

icon_01

はだし保育

はだし保育
冬期の12月から3月を除いて、室内では裸足保育を実施しています。土踏まずの形成によって、平衡感覚が発達し、丈夫な身体づくり、足裏からの刺激を促進します。
icon_01

保育参加

保育参加
お子さんと一緒に登園し、給食までの半日を保育士と一緒に保育をします。より身近にお子さんの様子がわかり、クラスの中の様子もよくみえます。給食も子供たちと一緒に食べていただきます。
icon_01

ふれあい図書館

ふれあい図書館
「ふれあい図書館」には約1000冊の絵本や保護者向けの本があふれ、朝夕に親子で図書館にみえ絵本を借りていかれます。親と子が一緒になって絵本の世界を楽しみ、お子さんの心が満たされることを願っています。もちろん、保育の中でも読み聞かせに力をいれ、たくさんの絵本を読んでいます。
icon_01

長距離の散歩

長距離の散歩
周囲にはたくさんの公園があり、各年齢に応じて散歩の距離を伸ばしお散歩に出かけていきます。足腰を鍛えることと一緒に、交通ルールも学んでいます。五感を感じながら、たくさんの自然と触れ合っています。
icon_01

布おむつ

布おむつ
布おむつの良さは、紙おむつよりも、おむつの交換回数が多く、なによりお子さんとのスキンシップを大切にしています。また、おしっこやうんちが出ると気持ち悪さを感じるため、お子さんがサインを出すのでおむつが外れることも早くなります。